2 04, 2021

【お知らせ】B2B向けデータ分析サービス開始 〜データを整理し分かりやすいインサイトを提供〜

2021-04-02T00:56:51+00:00April 2nd, 2021|Categories: ゼンリンダイレクトマーケティング|Tags: , , , , , , |

 この度、ゼンリンUSAは新サービス「B2B Eメール広告結果分析サービス」を開始しました。  ゼンリンUSAでは、2億以上の消費者データベース並びに2500万以上のビジネスデータベースを使用して、お客さまがリーチしたい見込み顧客に向けて広告メッセージを配信するEメール広告サービスを提供しております。今回開始したサービスでは、Eメール広告を開封及びクリックした反応者の属性情報を抽出し、データベース上の母集団と比較分析することにより、どのようなユーザーがお客さまのEメール広告に反応を示したのかを詳細に確認できます。Eメール広告配信の次のアクションに繋げるためのデータ分析で、お客さまのビジネスをご支援します。 目次 サービス概要  サービス特徴 ご活用例   サービス概要  本サービスは、Eメール広告を実施するお客様向け※1にご提供しております。配信結果をキャンペーンの総配信リストと比較分析することでお客様のターゲットリストの詳細な傾向や特徴を把握することができるので、適切な意思決定、効果的かつ効率的なマーケティング施策にお役立ていただけます。 ※1 フォローアップリスト購入が条件になります

29 01, 2021

リテンションマーケティングと顧客データの質

2021-03-31T17:34:27+00:00January 29th, 2021|Categories: ゼンリンダイレクトマーケティング|Tags: , , , , , , , , |

企業が成長していく上で新規顧客の開拓は重要なプロセスですが、既存顧客との良好な関係を維持することも欠かせない活動です。 既存顧客を維持する活動はリテンションマーケティング (Retention Marketing) と言われています。リテンションマーケティングでは、既存顧客と継続的にコミュニケーションを取り、リピート購入や、アップセル、クロスセルなどを促していきます。具体的には、メールマガジンの配信や、キャンペーンの案内、アフターサポートなどが例として挙げられます。 こういった活動の効果を高めるためには、顧客データや販売データなどの分析をベースに顧客のニーズに沿ったアプローチを行うことが重要とされており、データの収集や分析の効率を上げるために CRM (顧客管理システム)ツールを導入されている企業も多いかと思います。 リテンションマーケティングには欠かせない顧客データですが、皆さんはデータの更新やクレンジングをどのくらいの頻度で実施されていますか?データは常に変動しているため、顧客データを CRM プラットフォームに取り込んだだけでは、時間が経つにつれデータの質はどんどん劣化していきます。質の悪いデータは、営業・マーケティング活動のパフォーマンス、さらには企業の収益に直接影響を及ぼすと言われています。 弊社パートナー会社のData Axleによると、質の悪いデータによる悪影響を金額化すると、アメリカの企業全体で年間3億ドルに及ぶそうです。ここでは、Data Axleがまとめたデータの変動頻度に関するインフォグラフィックの翻訳版をご紹介します。

11 09, 2020

リードジェネレーションとは?

2020-09-11T20:46:31+00:00September 11th, 2020|Categories: アメリカトレンド・マーケティング, ゼンリンダイレクトマーケティング|Tags: , , , , , , |

Process vector created by stories - www.freepik.com 「リードジェネレーション」は、マーケティングや営業の分野ではよく聞かれる言葉ですが、見込み顧客を獲得するための活動のことを意味します。 企業が成長をしていく上で、新規顧客開拓は既存顧客維持と同じく欠かせないものですが、リードジェネレーションは、その新規顧客開拓プロセスの入り口部分となる大切な活動です。  今回は「リードジェネレーション」の定義と、主にB2Bビジネスにおけるリードジェネレーションの代表的な手法についてご紹介します。   目次   リードジェネレーションとは リードジェネレーションの主な手法

21 08, 2020

英語でのマーケティング用語 − Eメールマーケティング編

2020-08-28T00:30:58+00:00August 21st, 2020|Categories: ゼンリンダイレクトマーケティング|Tags: , , , |

海外でマーケティングや広告を展開する中で知っておきたい、理解しておきたい英語でのマーケティング用語をちょっとした補足情報と併せてご紹介します。皆様のビジネスにぜひお役立てください。 今回は、弊社が実際にEメールマーケティングサービスを実施する際に多用する英語のマーケティング用語です。 目次 Eメールのターゲットリスト作成の際に使用する単語 Eメール配信実施の際に使用する単語 Eメール配信後の結果分析の際に使用する単語 1. Eメールのターゲットリスト作成の際に使用する単語 3rd-Party Data(サードパーティーデータ) 国勢調査の統計データや市場調査、ウェブサイトやSNS、サブスクリプションなど、様々なソースから集められたデータです。主にデータ収集を専門とする事業者(データアグリゲータ)によって集められます。

11 08, 2020

無料オンラインセミナー開催!「Withコロナの営業スタイル – 潜在顧客の見つけ方」

2020-08-18T17:16:38+00:00August 11th, 2020|Categories: アメリカトレンド・マーケティング, ゼンリンダイレクトマーケティング|Tags: , , |

2020年8月20日(木)午後1:30開始(PDT) セミナー参加登録はこちら 8月20日(木)、ゼンリンUSAはtranscosmos America社と合同でオンラインセミナーを開催します! コロナ禍の今、対面での打合せの激減や展示会等イベントの中止により、新規顧客獲得のための営業活動に苦労されていませんか? そこで、本セミナーでは、データを活用したアプローチの拡大、成約率を高めるフォローアップ、ターゲットが情報を求めた時にいかにリーチしていくか、デジタルを活用した新しい営業スタイルと各施策を効率化するためのノウハウをご紹介いたします。 さらにこのセミナーでは、transcosmos America社とゼンリンUSAが合同で開発したB2B営業支援のための新サービス「D!G!Sales」についてもご紹介いたします! 未だ収束が見えないwithコロナ時代をいかに乗り切るか、より生産性を高める体制へシフトしていきましょう!

4 08, 2020

直接メッセージを届けるダイレクトマーケティング:マスマーケティングとの違い

2020-08-20T21:25:43+00:00August 4th, 2020|Categories: アメリカトレンド・マーケティング, ゼンリンダイレクトマーケティング|Tags: , , , |

効果的にターゲットに直接メッセージを届ける「ダイレクトマーケティング」は、ジョンソン・エンド・ジョンソンやロレアル、サムスンなどの大手メーカーをはじめ、Google、Facebook、Snapなどの大手テック企業でも展開されています。今回はアメリカ市場で販路拡大を目指している方、サービス・商品の認知向上を図りたい方、新規顧客獲得を目指している方に、「ダイレクトマーケティング」をご紹介します。 目次 ダイレクトマーケティングとは? マスマーケティングの違い ダイレクトマーケティングの特徴 1. ダイレクトマーケティングとは?  “ Direct Marketing is any

23 06, 2020

サードパーティーデータを活用した新規顧客の獲得

2020-08-20T21:32:24+00:00June 23rd, 2020|Categories: アメリカトレンド・マーケティング, ゼンリンダイレクトマーケティング|Tags: , , , , , |

People vector created by pch.vector - www.freepik.com ビジネスの継続や成長において、新規顧客の獲得はどんなビジネスでも必要不可欠です。その新規顧客開拓を支える「サードパーティーデータ」をご存知でしょうか。今回はマーケティングに必要不可欠といわれる「サードパーティーデータ」についてご紹介します。アメリカでの新規顧客開拓の施策やマーケティング活動にぜひお役立てください。  目次  サードパーティーデータとは その他のデータとの違い  サードパーティーデータの活用と特徴  サードパーティデータのEメール反応率 

5 05, 2020

イベント中止!急遽振り替えオンラインイベントの様子は?

2020-08-11T00:13:03+00:00May 5th, 2020|Categories: アメリカトレンド・マーケティング|Tags: , , , |

おうち時間いかがですか? ゼンリンUSAです。 多分多くの方が経験されてると思うのですが、 弊社も参加予定だったコンフェレンスが昨今の状況を受けて中止となってしまいました。 人口密度が高い大規模イベント業界は大変そう です。 さて、 このイベント、 実施されるはずだった日程の数週間後にオンライン、 いわゆるバーチャルイベントに切り替えになったので参加してみました。 以前にも元々バーチャルでの開催イベントへは参加したことがあったのですが、 COVID-19以降、 会場イベント中止の代替としてのバーチャルは初めてだったので、 どんな様子だったかをレポートします。

Go to Top